プロデューサーYKによる、Tank!をはじめとしたおなじみの楽曲が集まったCOWBOY BEBOPのベスト版。
ベスト版といいつつ、2005年に発売されたプレイステーション2用ソフト 「COWBOY BEBOP 追悼の夜曲(セレナーデ)」に使用された 菅野よう子書下ろし曲「DIAMONDS」等が収録されている嬉しいアルバム。
アルバムも「2070年までにヒットしたスペースドライブミュージックを集めた」 という体(てい)で作られているので、各曲の紹介には、初出時のアルバムジャケット写真(架空のもの)と、そのアルバムの説明(もちろんこちらも架空のもの)が掲載されていて、 なかなか面白いつくりになっている。


COWBOY BEBOP TANK!THE!BEST!
菅野よう子とシートベルツ
ビクターエンタテインメント
2004-12-22



<収録曲>
01.Tank! (TV stretch) (OST1などに収録)
02.WHAT PLANET IS THIS (劇場版OSTなどに収録)
03.COSMIC DARE (PRETTY WITH A PISTOL) (Ask DNAに収録)
04.DIAMONDS (新曲) 歌:ilaria graziano
05.Don’t bother none (TV edit) (OST2などに収録)
06.PIANO BLACK (OST1などに収録)
07.MUSHROOM HUNTING (OST3などに収録)
08.No Reply (劇場版OSTなどに収録)
09.BLUE (OST3などに収録)
10.EINSTEIN GROOVIN’(新曲) 作詞・歌:ilaria graziano
11.PEARLS (新曲) 作詞・歌:ilaria graziano
12.Gotta knock a little harder (劇場版OSTなどに収録)




追悼の夜曲は、アニメがゲームになったものにしては ストーリーがしっかり作りこまれていて、 なかなか素晴らしい出来だったんだけど、 操作性やら難易度設定やらの、ゲームの基本的な部分が ちょっとアレなおかげで、あんまりヒットしなかった、 ザンネンなゲームだったんだ。