1994年から1995年にかけて発売されたオリジナルビデオアニメ、 「マクロスプラス」の、2枚目のサウンドトラックだよ。


MACROSS PLUS ORIGINAL SOUNDTRACK II
菅野よう子
flying DOG
2013-06-21



<収録曲>
1.Idol Talk
作詞:Gabriela Robin・新居昭乃 作曲:菅野よう子 【歌詞】
02.Jade
03.Nomad Soul
04.Welcome to Sparefish
05.Go Ri a Te
06.Let's News
07.Pulse
作詞:Gabriela Robin 作曲:菅野よう子 歌:ウヨンタナ 【歌詞】
08.3cm
09.Voices [Acoustic Version]
作詞:覚和歌子 作曲:菅野よう子 歌:新居昭乃 【歌詞】
10.Pu Qua O
11.Sweet Feather
12.A sai en
13.Bad Dog
14.Child Myung
15.Coma 



ダウンロード

【iTunes】MACROSS PLUS ORIGINAL SOUNDTRACK II - 菅野よう子
【mora】MACROSS PLUS ORIGINAL SOUNDTRACK II - 菅野よう子
【Amazon】マクロスプラスオリジナル・サウンドトラック2

:管理人の駄文:

7曲目の「Pulse」で歌声をきかせてくれるウヨンタナさんはモンゴルの歌手で、 菅野作品では「中国」でも歌声を披露してくれているよ。「Pulse」の英語の台詞はシャロン役の兵頭まこさんだよ。
5曲目の「Go Ri a Te」は、なんていってるかはわからないけど、管理人には「タカタ・シン○」という友人がいて、この曲を聴くたびに 彼のことを思い出すんだ。超どうでもいい話だね。
1枚目のときと同じく、サントラのCMがうたれていたんだけど、そのときにCM曲として使われていたのが「A sai en」だったんだ。 あの曲をCMに使おうと思ったCMプランナーは、相当勇気がある人だと思うんだ。 というか、どういうプレゼンをして上司を納得させたのかとっても気になるんだよね。 それくらい、当時のサントラとしては異質な曲だったんだよ。 もちろん、管理人は大好きな曲だよ。 ・コーラスが神々しすぎて、初めて聞いたときに鳥肌が立ったのを覚えているよ。 ただ、劇中での使われ方は「工エェェェ(´д`)ェェェエ工」だったけどね。